charter(JJ1PID)

献血ルーム巡り・旅行・アマチュア無線

献血ルーム巡り 総集編

初めての献血は16歳の誕生日、愛知県赤十字センター豊橋事業所だった
そこは他の献血ルームとは違っていて、駅から離れた住宅地にある赤十字の事業所の一階にあった


その時献血に行こうと思った理由は「人助けがしたい」というような真面目な理由より、お菓子やジュースが無料だったり、時には洗剤やレトルト食品などをもらえるからというのが大きかった
血液検査の結果、推移を見られるのも大きな理由の一つ。


献血したとしても、その血液は患者に行くとは限らないし研究に使われたり廃棄もあるかもしれない。けどそれは自分にはどうでもよかった
人助けになるかは分からないけど、誰かが損するわけでも無い上自分にとって大きな得だから、行かないという選択肢は無かった


17歳になってからは400ml献血献血可能日が来たらすぐ、回数制限にひっかかるまで行った
献血はとても不思議なもので、一回行くとやめられない
針の痛みなんて一瞬
看護師さんとの会話や採血ベッドのぬくもり、受付の人の笑顔で「また来たい」と思ってしまう


当時17歳の自分は400mlか200ml献血しかできず、200mlは基本できなかった
400ml献血は年間の回数制限が厳しいのでかなりのブランクが空いてしまった
入試が終わった後の18歳の誕生日に、東京へ引っ越す前の最後のそして初めての成分献血をし、次の日豊橋を出た


東京に来て始めての献血は渋谷ハチ公前献血ルームだった


豊橋とは違って、若い人がとても多かった
成分献血の予約を献血ルームですると粗品がもらえたので30回目の献血までそこに通い続けた
途中、祖父の家に行っていた時熊谷駅献血ルームにも行った
そこで献血ルームによってだいぶ雰囲気が違う事に気づいた


献血の利点は、献血ルームのサービスだけじゃない


血液検査の結果が数日後にはがきで郵送される
また、複数回献血クラブ「ラブラット」で過去の記録すべてを見ることができる
選択した日時までの5回分のグラフも見ることができる
f:id:monhime:20181104143606p:plain

また、自分でExcelで記録し、グラフにもしてすべての献血データをグラフにしている
これによって長期的にどんな変化があるかが非常にわかりやすい


写真は38回目の献血でヘモグロビン量Hb が12.0g/dLを切って断られた後に撮った、37回目までのデータ。
Hb、Ht、MCV、MCH、MCHCが全てだんだん減少していることが分かる。
特に30回目から基準値を下回ることが増えている。
f:id:monhime:20181104143829p:plain


このページによると鉄欠乏性貧血だそう
食生活が原因である分かった
シー・アール・シー|赤血球恒数(MCV、MCH、MCHC)から何がわかるのですか?
このように、定期的に献血をすることで体の調子の変化にいち早く気づくことができる。


大学二年の夏、ハチ公前献血ルームで30回目の献血をし顕彰をもらった
まだ人生は長い(といっても投稿した時点で19歳だが)
これからずっと献血していきたいし全国にたくさんの献血ルームがある

18切符で旅をする目的にもちょうどいいし、
他の献血ルームにも行きたくなった


献血ルーム巡りの始まりである

f:id:monhime:20180708103202j:plain
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com