charter(JJ1PID)

献血ルーム巡り・旅行・アマチュア無線

AE-BME280で温湿度・気圧の測定

 

今回は、温湿度・気圧センサモジュールキットを使って、温度・湿度・気圧をシリアル通信で計測する

 

akizukidenshi.com

 

部品は秋月電子で購入。1080円。 

f:id:monhime:20180624110502j:plain
f:id:monhime:20180624110501j:plain

まずはJ3をはんだジャンパ
手こずって変な液体がまわりに広がった。

J1は絶縁できてるからいいか。

f:id:monhime:20180624104037j:plain

ピンのはんだ付けは上手くできた

f:id:monhime:20180624104038j:plain

ブレッドボードに問題なく挿せる

f:id:monhime:20180624104039j:plain

 完成

f:id:monhime:20180624104040j:plain

 

配線図

AE-BME280のパーツの引用元: Raspberry Pi JAPAN公開グループ | Facebook

f:id:monhime:20180624112431p:plain

 

Arduinoソースコードはスイッチサイエンス社のものを使用した

BME280 – スイッチサイエンス

「サンプルスケッチのダウンロード」→ファイルをダウンロード

f:id:monhime:20180624104041p:plain

 

Arduinoのエディタの「開く」→「開く」でダウンロードしたファイルを選択する

f:id:monhime:20180624104042p:plain

あとはいつものようにコンパイルマイコンに読み込み

 

スイッチサイエンス社の配線図ではプルアップ抵抗使っているが、使わなくても大して値は変わらなかった。

f:id:monhime:20180624112430p:plain

左から温度、気圧、湿度

 

部品やソースコードは違うが、参考にした本

これ1冊でできる! Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第2版
 

次回はキャラクタディスプレイで文字を書く。

部品を買ったときはこの本に沿って進めていくつもりで、使わずに置いとくのももったいないのでやってみる

 

追記(2018/8/8)

 やる気なく書いたこの記事がなぜか一番読まれてしまって恐ろしいです

他のブロガーさんに引用されたのでしょうか

もしご存知の方がいらっしゃったらコメントください