紋姫

紋姫流勉強法や、登山の記録など、休日の日記

紋姫流勉強法C

紋姫流勉強法C 勉強法理論ver3.1.0
・脳
紋姫流勉強法Aでも触れたが、脳は1回では覚わらない
脳が得意なのは、生活に必要だと気付いたものを記憶すること。
同じものを3回以上復習すれば、脳にそれは必要だと思わせることが出来る

脳は、寝ている間にその日の出来事を整理する
暗記事項は夜寝る前1時間以内にすると効率が良い。
そして、起きた後、その復習をする。

復習の間隔が短いと暗記する時間帯が長くなり、集中力減。継続できない。
間隔が長いと忘れる。

脳の集中出来る限界は1時間30分
これ以上長くやろうとしても、無意識に意識が飛んだりする。
必ず休憩を挟むこと。
(紋姫流勉強法B)

脳には、潜在意識の領域が存在する。
問題を考えた後、時間がたって無意識に答えを思いつくのはこの潜在意識の働き。
また、ヤマカンもそうである。
潜在意識が働くには、大量の知識を頭に入れること。
センターの選択肢など、こっちなきがするで合うようになる。

また、ネガティブなことばかり口にしてると潜在意識が諦め、自信をなくし、本番失敗する
逆に、ポジティブなことばかり口にすれば潜在意識が自信を感じ、成功しやすい

勉強の休暇中、瞑想すると良い
瞑想とは、楽な姿勢で座り、目を閉じ、何も考えずに15分以上そのままでいること。
瞑想中意識することは、息を深くゆっくり行うことだけ。
それ以外の邪念は、何も考えないように。

瞑想は、自分の潜在意識を覗けると言われている

たとえ覗けなくても、瞑想を長い間続けると勘が冴え近い未来が読めるようになると言われている。

潜在意識は、上で述べた通り、自分にとって無意識に考えている。
瞑想によって、潜在意識が刺激されるのかも知れない

瞑想を長い間続けた人の脳は、一般人よりシワが多く、IQが高いという研究結果がある

もはや、我々は潜在意識に支配されているといっても過言ではない
だったら、潜在意識に自信を感じさせ、自分から支配されに行ったらどうだろう?

参考:
http://spi-con.com/potential-meditation/mo

 

monhime.hatenablog.com