charter(モンヒメ)

紋姫流勉強法や、旅行の日記、PC

紋姫流勉強法B 長時間勉強法 ver2.5.1

勉強を好きになる
知識を覚えることは苦手で嫌い人は多い。でも、自分の知識を使って考えることは楽しい。正解した時の喜びは誰にでもあるはず。その気持ちを大切にする。
勉強し始めて3ヶ月は覚えるものが多くて嫌になるけれど、それを乗り越えれば楽しくなり、勉強がゲームのように、模試がイベントのように感じて毎回楽しみになる。レアな参考書を見つけては喜んで課金(購入)していた。
勉強を好きになってしまえば、一日10時間なんて余裕。

 

だんだん飽きてきたら他の教科を変えればいい。入試は5科目もあるから、無限ループもできて飽きることは無い。

 

それでも勉強が本当に嫌になった時は、感情を捨てて勉強をする。
これを続けることで勉強に対してのマイナスイメージが殆ど無くなり、自然に勉強を始めるようになれる。


軽い人間疎外で、ストレスが無意識に溜まる。自分は一時期毎朝枕に数十本髪の毛が落ちていたり、いつもできていた事が急にできなくなったり、無意識に涙がでたりした。
でも一時的に苦しむのか、志望校落ちて将来長く苦しむのかを比べれば断然前者の方がいい。

 

呼吸
人間の集中力は1時間30分程度が限界。

連続勉強時間が1時間を超えたあたりから、思考力が低下する時がある。

その時、自分の呼吸数が著しく減少していることが多い
勉強中思考が止まったことに気づいたら深呼吸することで質のいい勉強ができる

 

環境

音楽はまず駄目。脳の処理能力落ちる。

市民館の自習室など、周りに勉強している人がいるところで勉強する。

(後からわかったことだが、筆者は他人より音楽が雑音に聞こえる傾向がある。もし音楽を流すことで集中力が上がるのなら流しても構わないが、試験時間中は音楽なんて無いし、音楽を流すということはプレイヤーやスマホがそばにあるということだ。スマホがそばにあることで集中力が落ちることは研究で明らかになっている。)

gigazine.net

 

 

休憩
1時間30分と20分休憩の1タームを繰り返すと良い。休憩中は昼寝や瞑想、近くの見晴らしの良いところでぼーっとするとよい


自分はよく市民館で勉強していて、豊橋公園の中にあるので、休憩中は自転車でサイクリングしたり、吉田城の横の見晴らしの良いベンチでぼーっとしていた。

大受験前一週間の休憩中はラブライブ!サンシャイン!!を観た。セリフに元気付けられたので良かったが、アニメは依存性があるので注意する。

 

ドラゴン桜という底辺高校生が東大を目指すドラマがある。

もしまだ観ていないのなら休憩にどうぞ↓

www.youtube.com

 

 

昼寝
午後3時頃は眠くなる。どうしても寝てしまいそうな時は勉強を中断して20分間寝る。睡魔の中20分勉強続けるよりマシ

 

 

日課
勉強する時間帯を決めいていないと、長時間勉強時間できた日と勉強出来なかった日の繰り返し。
そこで、毎日の日課を作り勉強せざるをえない状況をつくる。例えば、夜寝る前に暗記(夜の暗記帯)し、次の日その復習をする。

 

monhime.hatenablog.com

 

例(高校3年のときの筆者)


平日
6:30起床
6:32朝の暗記帯
7:00朝ご飯とか
7:20朝の暗記帯続き
7:50学校への準備
8:03出発
8:25学校着
8:30ST開始

この間休憩中は単語の確認、昼休みは宿題をすすめたり

16:30家着
16:50夕方の勉強日課(朝の暗記帯の続き)
19:20晩御飯
19:35勉強
20:10風呂
20:25勉強始め
21:10夜の暗記
21:40StudyPlusに記録、LINE確認

22:00就寝

休日は7:25まで、19:20以降平日と同じ
その間は1時間20分勉強と20分休憩の繰り返し

 

糖分
脳のエネルギー源は糖。
おすすめはクッピーラムネ
昼ごはんとして1つ。
1袋30g当たり炭水化物29.1gで、しかも吸収されやすい状態の糖で作られている。
まとめ買いで1袋40円。
チョコは1枚110円で炭水化物40g位で、吸収されにくい。
九州黒糖もおすすめ。ピーナッツもいいという話も聞く。

 

(後から考えれば、糖分摂取やサプリメント、観葉植物は効果が薄く、プラシーボ効果の方が大きかったと思う。)

 

カフェイン

カフェインの効果はプラシーボ効果ではなく、確かにそれ自身の強い効果がある。

しかし、健康に非常に悪い印象があるのと、筆者はカフェインに弱く、モンスターを飲むと12時間は眠れなくかえって効率が落ちたのでカフェインは1日でやめた。

後にも書くが、睡眠はその日に覚えたことを脳が整理する大切な時間なので睡眠の質を落とすようなことは控える。

 

人生で最も苦労するのは、大学入試と就職の2つだと思う。どうせ一生の中で数少ない機会だから、多少無理をした方がいい。

 

睡眠
寝ている間に脳は記憶の整理をする。
必ず6時間は寝ること。
筆者の感覚だと、7時間30分〜8時間くらいが一番次の日に勉強に集中できるし、模試の結果が良かった。
成長ホルモンがよく出る22時までにはベッドに入れるように。22時までに寝ると、8時間睡眠で起床は6時になる。朝食までに20分くらい余裕あるので、前日夜に暗記したのを復習すると良い。

 

朝型・夜型

 

筆者は21時寝4時半起きの朝型から、24時半寝7時半起きまで経験して、その間で特に差は無いと感じた。

しかし、朝の時間帯の生産性は夜の3倍だそうで、無意識のうちに差が出ていたのかもしれない。

かといって無理に朝型にすると、はじめて4日くらいで二度寝し始め10時間も寝てしまい、睡眠が浅くなり中途覚醒が起き・・・と生活習慣が乱れたことがあるので注意。

朝食など必ずその時間に起きなければならない時間の30分前に起床するように寝るのが一番良い。

 

 

monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com
monhime.hatenablog.com

monhime.hatenablog.com